2017-03-15

    東京の修学旅行。お昼ご飯どこで食べる?1000円までで美味しいランチを探すなら

    東京修学旅行、特に自主研修の日の計画をたてるとき。

    気になることのひとつに「お昼ご飯」があると思います。

    東京は広いので、その場で「どこで食べようかな」と悩み出すときりがありません。タイムロスの可能性大です。

    おすすめなのは「見学地に近い場所のお店を探しておくこと」です。

    見学・体験施設によってはレストランがあるところもあり、こうした施設は迷わず行けて便利。

    あるいは東京スカイツリーやサンシャインシティなどの飲食施設のなかから選ぶのも手です。

    教材研究所のホームページには、東京修学旅行向けのランチ情報をまとめたページ(調べ学習ページ)があるので、こちらも参考にしてください。

    教材研究所サイト内「調べ学習ページ」(東京)
    ピクチャ-2

    スポンサーサイト

    2017-02-07

    2017春の京都修学旅行に向けて

    4月から6月にかけて毎年、全国から京都へ修学旅行生がたくさんやってきます。

    それに合わせて、ガイドブックの見本お取り寄せも増えてきました。

    たくさんの見本お取り寄せに印刷が間に合わない可能性も出てきているので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

    定番の京都散策乗物ガイドやおすすめコース京都+奈良、そして京都の地図に加えて、近年はタクシーガイドブックもよく選ばれています。

    ピクチャ 2

    多くの種類の製品を取りそろえています。くわしくはこちらでどうぞ。

    2017-01-05

    あけましておめでとうございます

    みなさま、あけましておめでとうございます。

    昨年は人気商品の一つである『おすすめコース京都+奈良』『おすすめコース京都+大阪・神戸・奈良』を大幅リニューアルしました。

    KB5400_1-thumb-100xauto-386.jpg

    ベストセラー・京都散策乗物ガイドはもちろん、タクシー自主研修ガイド東京散策乗物ガイドなどについても、新しい情報を盛り込んだ改訂版でご案内しております。

    引き続き修学旅行の現場をもっと楽しく、学びの深いものにできるガイドブック制作に取り組んでいきたいと思います。

    本年もよろしくご愛顧のほど、お願いいたします。

    2016-12-02

    修学旅行のしおりがwordで作れます。日程表・グループ分け・部屋割りなど15のデータ(ひな形)を無料で!

    修学旅行のしおり、日程表とか部屋割りって作るのが本当に大変・・・教材研究所ではそんな現場の先生の声にお応えして、ワード形式でひな形を用意しています。

    (例)
    ピクチャ-2

    2016.12現在、下記の通り15のひな型を揃えています。必要なものをダウンロードしてお使い下さい。こちらのページの下のほうにスクロールすると見つかります。
    ・実施要項
    ・日程表
    ・修学旅行の目的・心得・諸注意
    ・仕事分担
    ・飛行機搭乗手続き・機内について
    ・日課表
    ・班編成
    ・自主研修
    ・体験学習
    ・体験学習参加者名簿
    ・部屋割表1
    ・部屋割表2
    ・部屋割表3
    ・携行品チェック表
    ・保険証コピー貼付欄

    ※15項目の一括ダウンロードも可能です。

    ちなみに、しおりに一冊あたり数十円〜数百円プラスすると、エリア限定ガイドも付けられます。

    CCF20161202_00000.jpg

    詳しくはパーツ製品の案内ページでご覧ください。サンプルはこちらから、無料お取り寄せしていただけます。

    こうした製品のご注文の有無にかかわらず、弊社ではしおり制作のお手伝いもしています。

    弊社製の既製表紙(50円)に校名などを刷り込むことも可能ですし、学校様オリジナルの表紙を付けることもできます(刷込等の印刷費は別途)。

    「面倒な作業が一気に解消する」と好評で、全国的にご愛顧いただいているサービスです。

    20年、30年と長年にわたりご利用くださる学校様もあり、今後も内容をよりよいものにしていこうと社員一同、知恵を絞っております。

    しおりページ合冊の特注本サービス

    2016-11-04

    広島や長崎、沖縄などでの平和学習で「実体験」を聴くのが年々難しくなります。良質な動画などで学習効果アップを

    弊社では製品ごとに毎年、情報の更新を行います。その中で掲載している施設さんに「何か新しい情報はありませんか」と声をかけるのですが、近年、平和学習関連の施設さんから「実際に戦争を体験した方から話を聴くことが難しくなっている」という話をよく聞きます。

    025437.jpg

    今年で戦後71年ですから、理解できることです。

    平和学習に訪れる子どもたちに分かりやすいようアニメを作ったり、戦争体験をお持ちの方のご家族がお話をされたりと、施設さんによってさまざまな工夫をしていらっしゃいます。

    ひと昔前は、修学旅行の現場ではもちろんのこと、学校生活の中でも戦争を体験した方が学校に来て講演をしたり、先生から戦争の実体験を聞いたりしましたが、そうしたことも時の流れとともに、できにくくなってきたようです。

    私は小学校の担任の先生が東京大空襲を経験されており、走って火の手から逃げて助かった話を何回も聞きました。その時の話はかなりリアルに覚えています。

    やはり体験談というのは心に残ります

    修学旅行の現場でも、体験談を聞くことができれば心に残る平和学習が実現すると思うのですが、その機会もなくなる時が迫っています。

    今、日本の過去の戦争を知り・学ぶために有効なものに「動画」があります。実際、戦争体験をされた方の動画を公開している施設さんもあり、事前学習などに利用される向きも多いようです。

    こうした施設さんについては弊社サイト「全国調べ学習リンク集」にエリア・テーマごとに使いやすくまとめています。

    161104.png

    また、沖縄での平和学習には視聴覚教材「もうひとつの沖縄戦記」があります。弊社サイトで一部視聴が可能ですので、こちらも事前学習に役立ててもらえればと思います。
    プロフィール

    Author:教材研究所
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス解析
    高額時給
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR