2011-05-30

水がテーマの 京都自主研修はいかが?

水口です。

京都御苑の北東部に梨木(なしのき)神社があります。
ここには京都三名水の一つ「染の井」があって、ペットボトルを持って水をくみに来る人がたくさんいます。

110530_1.jpg

「染の井」は、かつて御所の染所で使われた井戸。三名水のうち御苑の中にある「県(あがた)の井」は御所の飲用水でした。そして「醒ヶ井(さめがい)」はお茶に使われていたそうですが、一時期涸れてしまい、現在は四条堀川を少し東に行った亀屋良長というお菓子屋さんが掘り直して店先に復活しています。

三名水だけでなく、京都にはたくさんの井戸があります。
京都の地下には琵琶湖の水量に匹敵するほどの水がめ(京都水盆という人もいる)があるというのはよく知られた話ですね。
その水を利用して、食文化や伝統産業も発達しました。京都のくらしと井戸(地下水)は切っても切れない関係があります。

一昨年、京都市の環境副読本「小学五年生版」の編集に携わったとき、「京都と水」のテーマのページを作りました。そのとき、水とゆかりの深い産業の多いことに驚きました。まさに、京都は豊かな地下水に支えられて発展した都市だったのです。
この冊子は以下からダウンロードできますし、リンク集やインタビュー動画もありますので、ぜひ見てください。
http://www.miyako-eco.jp/info/2011/05/web-1.html

以前、発掘調査現場の見学に行ったことがあります。

110530_2.jpg

そのとき、遺構には井戸がたくさんあることを聞いて意外に思ったことを覚えています。井戸って一軒に一つじゃないの、と思っていたから。
昔の京都では3メートルも掘れば井戸が湧いたと言われていますが、地下の水流はときに変わるので、涸れるたびに新たに井戸を掘ったのだということでした。
涸れた井戸には、割れた茶碗や皿などを「ほかして(捨てて)」いたので、井戸から出てくる雑器によって、その井戸の年代を知ることができるのだとか。

110530_3.jpg

「京都と水」をテーマに、自主研修を組み立てても、興味深いと思いませんか。
コースづくりにはカッパ研究会が作成しているHPが役にたちます。「水を巡る」をクリックすると出てくる、京都の名水マップが便利です。どうぞ。
http://www.kappa-kyoto.vis.ne.jp/
スポンサーサイト
プロフィール

教材研究所

Author:教材研究所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
高額時給