2014-04-28

    京都水族館の見学会に行ってきました

    京都水族館がオープンして3年目。人気で満員と聞いていて躊躇していましたが、見学の機会があり、ようやく行ってきました。

    はじめは、「京の川ゾーン」。いました、オオサンショウウオ。これまで見学したどの水族館よりもたくさんのオオサンショウウオが水槽の底で休んでいました。

    そのあとは、オットセイのいる「かいじゅうゾーン」や「大水槽」、「ペンギンゾーン」と続くのですが、規模がそれほど大きくないので、どのゾーンも、とてもアットホームな印象を受けます。

    先ほどまで魚やかいじゅうたちの世話をされていた飼育スタッフの方が近くまで来て、簡単な説明をしてくださるので、魚やかいじゅう・飼育スタッフの方をとても身近に感じます。

    飼育スタッフの方にさまざまな質問ができる「磯の教室」や、バックヤードを見ることができるスペースがあることからも、施設というより、たくさんの魚やかいじゅうがいる親戚の家に遊びにいったような雰囲気もあります。

    「イルカスタジアム」では、パフォーマンスをされていないときでも、解説つきで練習の様子を見学することができます。

    なかでも私のおすすめは魚やかいじゅうたちの「お食事タイム」です。ここでは、飼育スタッフの方といきものとのコミュニケーションが見られます。

    140428_1.jpg
    お食事タイム

    何度か通うといきものたちが私のことを覚えてくれそうな、そんな感じもします。一度行けば満足というより、何度も訪れたいと思う水族館でした。

    4月26日からは、新プログラム「ペンギンスカイウォーク」と「イルカLIVEきいて音(ネ)」が始まっています。ペンギンが通路を自由に歩く様子を見たり、音を使ったイルカパフォーマンスを楽しむ企画です。

    140428_2.jpg
    ペンギンスカイウォーク

    京都水族館は、イルカやペンギンたちと友だちになりたいと思う方におすすめです。
    スポンサーサイト
    プロフィール

    Author:教材研究所
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス解析
    高額時給
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR