FC2ブログ
2011-04-19

地理・歴史の観点からおすすめしたい修学旅行。長崎「島原半島世界ジオパーク」

今日は、長崎県にある「島原半島世界ジオパーク」について紹介します。

「ジオパーク」って何でしょう。聞き慣れない言葉ですね。

110415.jpg

「島原半島世界ジオパーク」のホームページを見てみると
ジオパークという言葉は、「ジオ」という言葉と「パーク」という、二つの言葉で作られています。このうち、 「ジオ」は”地形や地質”を意味し、「パーク」は”公園”を意味します。よって、ジオパークを日本語にすれば、「大地のなりたちや地形、地質をテーマにした自然公園」の一種と言えます。あたかも、地域全体を一つの「自然の博物館」に、そしてそこに含まれる自然景観(地形)、地質、動植物といった自然環境、 そしてそれらを利用した人々の暮らし、歴史、文化を「展示物」と見なした、テーマパークの様なものです。(後略)
とあります。

現地では、地元ガイドさんの案内でジオパークをめぐります。

「雲仙岳災害記念館」で災害学習を、また「島原城」などでは島原の乱をはじめとした歴史学習もできます。

さらに、行程2~3時間のトレッキングコースが用意されています。それぞれ、少人数からでも申し込み可能です。詳しくは「島原半島観光連盟」「がまだすネット」へ問い合わせてみて下さい。

島原で自然・大地を体感する修学旅行、いかがですか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

教材研究所

Author:教材研究所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
高額時給