FC2ブログ
2011-05-09

フタバアオイと上賀茂神社

水口です。

京都府立植物園の「植物生態園」を歩いているとき、地面を這うように群生しているフタバアオイの葉の下に、小さな赤い花(つぼみ?)を見つけました。

110509_1.jpg

これが咲くと、このようになります。かわいい。

http://www.morgenrot.jp/flora/flowers01/futabaaoi.html

フタバアオイといえば、この季節、「葵祭」ですね、何と言っても。
5月15日の巡行の際、牛車や勅使の冠などを飾っているハート型の葉っぱがフタバアオイです。
牛車の写真は手持ちがないので、冠の写真を見てください。

110509_2.jpg

なぜフタバアオイが神聖な植物とされるようになったか、数年前、いろんな人に取材したことがあります。
上賀茂神社の北東にある神山(こうやま)は賀茂別雷(かみわけいかづち)神が最初に降臨したといわれています。昔はフタバアオイが自生していたようで、夜露を含んだ葉が朝の光を浴びてきらきら光っている様は、まるで神様が降りてこられたように見えたんでしょうね。
上賀茂神社にある立ち砂は神山をかたどったものです。

110509_3.jpg

ちなみに、現在は都市化による環境の変化に伴い、このあたりではフタバアオイは姿を消し、京都市北部の山間部で採取しています。また、神社内にある「葵の森」で育てる試みも進行中です。

「アオイ」ということばは、「アフヒ」と表記していました。「アフ」は「逢う」、「ヒ」は「日」(ヒには「霊」の意味もあるとか)なので、アオイは「神様に逢う日」にふさわしい植物であるという解釈もあるそうです。
この解釈、ぼくはとても気に入っています。ことばには、時と知恵が凝縮されていますから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

教材研究所

Author:教材研究所
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析
高額時給